top of page
検索
  • ayumi4960

鹿の目

みぞれ交じりの雪がやんだ夕方の森の中で、林の中から見つめるたくさんの目に気づいた。7.8頭くらいだろうか、黒い目が、木々の間からじっとこちらをみている。鹿には時々出会うけれど、数歩で手が届きそうなこんなに近くでいっぺんに見つめられたのは初めて。

その目、その姿は、野生そのもの。醸し出す静けさ、堂々としたたたずまい。

畏怖を感じる。


そこを通り過ぎて間もなくのことだった。

はっきりと、思考にきた。

ああ、私は神なんだ。

鹿も神、木々も神、雪も、みんなみーんな神なんだ。

なんだこんな簡単なこと!なんだなんだ、何も難しく考えることなかったじゃない!

急に世界に色がついた。


多分みんな昔は知っていた、この感覚。子どもの時はみんなこの感覚だったよね?!

前も後ろもない、まして上も下もない。何をしていてもいい、何をしていなくてもいい。

ただ真ん中に自分がいるだけ。

それだけで十分、最高!




閲覧数:30回0件のコメント

最新記事

すべて表示

優しさ

保健所から犬を引き取って、2か月。 一日4回、散歩に出る。 彼女はとても賢くて、慎重。 始めは3歩歩いては止まる、周囲の音や動きに引き返すの繰り返し。 1か月過ぎるころ、やっとしっぽが上がり、自信をもって歩く姿が嬉しかった。 テリトリーができ、チェックしたいポイントを見回る。 ずっと外にいたくて、帰宅経路になると動かなくなる。 ほめて、待って、の繰り返し。少しの進歩が涙が出るほどうれしかった。 そ

確信

ホールエナジーマネージメント🄬と出会って、7年たちました。 7年前、私はもっと知らないことがある、それを知りたいという気持ちが強まっていました。そんなときに出会い、これは私が求めていた何かがわかるかもという予感がありました。 でも家族にこの学びをすると伝えた時は、まるで決死の覚悟でした。それくらいスピリチュアルというものへの恐怖があったのです。 学びを続けてよかったなあ、と最近ひしひしと思います

Comments


記事: Blog2 Post
bottom of page